« 2011年6月 | トップページ

2012年2月

2012年2月 3日 (金)

品質管理システムの適用

だいぶ間が空いてしまいました。

結局ISOは、取れました。

合格ラインギリギリやったと思いますが…。

それでも、いろいろ勉強させてもらいました。

でも、ISOは取ってからが大変らしいです。

おいおい書いていこうと思いますが、とりあえずは、取れるまでのお話を。



さて、前回からのつづきです。

一番最初に手渡された、品質管理マニュアルのフォーマットを、分かるところから埋めてみることに。

7ページの、ごくごく簡素なフォーマットですが、内容を埋めていくと、徐々にページ数が増えてきます。

最終的には33ページになりました。

これが妥当かどうかは不明ですが、審査員からは「うまくコンパクトにまとまっている」との言葉を、いただきました。


まず初めは、「品質管理システムの適用」です。

ISO規格でいうと、1.2と4.2.2にあたる部分になるらしいです。

そういえば、ISOの規格の中には、重複する部分とか、同じ様なことを言ってる部分があるので、それらをまとめてしまうと、だいぶ簡素になるようです。

この辺は、ISOを熟知したコンサルをお願いすることのメリットになりますね♪

たぶん自前でやってたら、ISO規格の順番でマニュアルを作成しようとして、地獄のスパイラルに入ってしまったかもしれません。

さて、「品質管理システムの適用」ですが、具体的には↓ようなことになります。

1)品質管理システムの目的

 ※なぜ、品質管理マニュアルを作成・維持・管理をするかを記載

2)品質管理システムの適用範囲

 ※本社、営業所の所在地、従業員数、事業沿革などを記載。
 ※自社で扱っている商品を記載
 ※会社の適用部門(うちの場合は、全部門になります)

« 2011年6月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ