« 次は、審査機関を選ぶ | トップページ | 品質管理システムの適用 »

2011年6月15日 (水)

勉強会1回目

審査機関を選びと前後して、コンサルの勉強会が始まりました。

全19回の予定です。

JIS Q9001:2008の冊子と、品質管理マニュアルのフォーマットと、その他諸々の資料が渡されました。

後々、「ああ、なるほどね!」と、思うようになりますが、その時には、資料の意味はまだ良く分からずです。

「品質管理マニュアルのフォーマット」の項目を、なんとかして半年かけて埋めていくんだな、ゆうことぐらいはぼんやりと思ってましたが…。

で、1回めの勉強会は、ISO9001:2008を理解するための講義でした。

ISOの歴史、PDCAとは、品質マネジメントとは何か…など、ごくごく一般的な話がメインでした。

印象に残ったのは↓の3点ほど。

1)ISO9001:2008は、「マニュアルに書いてあることを、その通りやってるかどうか?」を見る審査なので、ISOの規格要求事項は踏まえつつも、基本的には自社で普段やってることベースに、マニュアル作成を進めていけば良い。

2)ISO認証を取った後が、勝負!

3)最初から100点を目指さない。

注意点として、おのおの↓こんな感じだったでしょうか?

1)
※ISOの規格要求事項のそのままを使って、品質マネジメントシステムを構築しない。
※ISOの規格要求事項は一般的な内容なので、自社の実情と合わない。
※実情と合わないと、余計な手間が増えるだけ。
※現在自社にある仕組みを、品質マネジメントシステムとして、書き出す。
※自社にない仕組みだけ、新たに構築する。

2)
※ISOを取ったからと行って、売上が増えるわけではない。
※ISOの仕組みを使って、品質を向上させ、結果的に売上が伸びることはある。
※ISOを取ってから、売上に繋がるように、どう運用するかが問題。

3)
※一次審査で50点、二次審査で70点で、ISO認証取得。
※一年後の維持審査で80点、3年後の更新審査で100点を目指す。
※最初から、完璧にできる会社なんてない。
※時間をかけて、自社の品質マネジメントシステムを向上させていく。

こんな話を聞いてると、ハードルが低くなった感じがして、「なんとかなりそう!」ゆう気分になりましたが、現実はそんなに甘くはなかったです…

(o_ _)oドテッ!

« 次は、審査機関を選ぶ | トップページ | 品質管理システムの適用 »

ISO9001:2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次は、審査機関を選ぶ | トップページ | 品質管理システムの適用 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ